メインイメージ画像

結婚式の時の電報マナーと注意点

電報のマナーを知っていますか。電報は結婚式など色々なシーンで贈る機会がありますが、その電報にももちろんマナーがあります。例として結婚式に電報を贈る場面のマナーについて考えたいと思います。最初に、電報を送る相手の宛名の書き方についてですが、2人の名前を記入しても、単身のみの記名でも礼儀上の問題はありません。新郎新婦お2人とも知っている時にはお2人の連名で、知らないケースでは知っている人の方だけでも大丈夫です。

また、宛名の欄には新婦さんの旧姓または新姓のどちらを書けばよいか判断しかねるかもしれませんが、電報は一般的には旧姓を使います。

現在は入籍してから結婚式を挙げるカップルもたくさんいますが、入籍後でも、結婚式は新郎新婦両家の名前で実施されるので、この場合は旧姓で正しいです。電報は新郎新婦のご両親に対して贈ることもあると思います。その場合には受取人様のところにはお父様やお母様の名を記入します。電報のメッセージで使う言葉にも注意が必要です。

結婚式へ電報を送るのなら再婚を想起させるような言葉は控えるようにしましょう。その場の雰囲気がそれで居心地の悪いものにもなりかねません。その言葉の例としては、相次いで、欠ける、繰り返し、果てる、戻るなどの言葉は禁句です。言葉についての詳しいマナーについてはインターネットのサイトやマナーに関する書籍などにも詳しく掲載されているので、電報を贈る時には必ずそういう知識を得てから贈るのがベストです。電報はいつ手配するのかも重要です。

電報はインターネットを使って申し込みが可能なので、前もって贈る準備をすることが可能です。披露宴に間に合わなかったら意味がないので、しっかりと間に合うように早めに申し込むことが大事です。午前中の披露宴の予定ならば出来れば前日までには式場に届けられていると確かです。午後開始の披露宴の場合は、おおよそ披露宴の開始の2時間前くらいまでに届いていると余裕があると思います。